実家でリフォームしたのでその時のお話をしたいと思います。

今まで実家では何度もリフォームをしています。
私が小学生の頃建てたので、築30年近く経つのでしょうか。

新築の注文住宅で購入した実家は、その当時はかっこいいと誰もが言っていたのですが、
30年も時間が経てばもちろん最新のモデルを保てるわけがありません。

たった1,2年でも家のトレンドというのは流行りすたりがあります。

それでも都度リフォームしてきましたのでそれなりに使い勝手がよい家だと思います。

そんな実家ですが、築20年前後経った頃から異変が出始めました。

まずはバスルームからです。お風呂の湯沸かし器がなかなか起動しないということがあり、
専門家に見てもらうと、これはもう交換しないと使えないということが分かりました。

ガスを使っているものですから、さっさと替えないとガス漏れ等が起きると怖いと思った母は、
すぐにリフォームを検討し、毎回お願いしている知り合いのリフォーム業者に連絡しました。

すると、すぐにいつもの担当者さんが家まで来てくれて、今は普通となったバリアフリーのお風呂で、
タイル貼りで見た目寒そうだった浴室が、ユニットバスに変わったことで暖かみが出ました。
さらに洗面所の洗面台を今までの物から最新式の収納がたくさんついた洗面台に変わりました。

両親ともに高齢になってきたので、お風呂場のバリアフリー化やユニットバスに変わったことで
手摺りが付いたり、湯船の高さが低くなったことで転倒対策にもなるので息子のわたしも安心しています。

さらにLIXILの最新式ユニットバス「キレイユ」を使ってくれるという計らいも業者さんはしてくれ、
実家では誰もが感謝しています。

今回のリフォームも満足できたので近々、今度はトイレやキッチン廻りのリフォームをしようかと
母親が考えているようです。

私も昨年マンション購入しましたが、老朽化してきた時は今回のリフォーム業者にお願いしようと思います。

<広告>
内職 アルバイト全身脱毛どこがいい無料相互リンク童話集マッサージのリアル口コミ.com相互リンクPageRank表示リンクseoリンクお家の見直ししま専科オーディオSEO相互リンクダイレクト生命保険の口コミ.COMTie-upじゃんけん必勝法